goro’s(ゴローズ)とは 高橋吾郎氏のアクセサリーブランドで、日本でのインディアンジュエリーの先駆けとなったブランド。 独学で勉強し、1966年青山に小さなショップをオープン。 その後ショップを青山から現在の原宿へと移転。 90年代前半には、制作が間に合わないほどオーダーが殺到し、一躍シルバーアクセ界での名声は不動のものとなりました。 芸能人では木村拓哉、金子賢、岩城晃一、土屋アンナなどが愛用していることで有名になり、現在でもお店の前にはゴローズを求めて早朝から長蛇の列が出来るほど人気である。

【ゴローズ 原宿店】
住所:〒460-8430 東京都渋谷区神宮前4-29-4
TEL:03-3404-8079
営業時間 : 月曜日~日曜日/13:00 - 20:00(休憩17:30~18:30)
定休日:水曜日

■ ゴローズは通販やセレクトショップに商品を卸してない現代では珍しい販売方式を取っているインディアンジュエリーブランドになります。
その為、確実な正規品と呼ばれる商品はこの東京にある唯一の原宿店でしか購入する事が出来ません!
その為、連日ゴローズを求めて多くの人が朝早くから並び購入する為に時間を惜しまず待っています!

■高橋吾郎さんのプロフィール

(名前)高橋吾郎

(愛称)ゴローさん

(生年月日)1939年6月29日 。

ゴローさんが「イエローイーグル」の名を授かった試練とは!?

インディオのスー族に伝わるスウェット・ロッジという儀式を受け2年後に受けた35歳の時、あまりにも難しく厳しい試練サンダンスの「ハンブレチヤ」です。この試練とはなんと4日間食べ物はおろか水すら口にすることができず眠る事も出来ず、しかもドラムのリズムに合わせながら、大地を踏み鳴らしサンダンスの木の周りで踊り続けるのです。4日目には最も過酷なピアシングというイーグルの爪を胸の肉に通しヒモで引っかけ、木に結ぶ・・・それをなんと「マッスルに力を込めて外す」のです。もはやこれは勇樹といるのか、むしろ恐怖すら感じます。もちろん全員がやり遂げるとは限りません。最後は肉が引きちぎれ血が流れ母なる大地へと注がれそして結ばれます。傷にはセージの葉を使って手当するだけです。この儀式で高橋吾郎氏を導いたビジョンから、スー族のメディスンマンが名付けたのが「イエローイーグル」なのです。高橋吾郎氏は日本で唯一インディアンネームをもらった「イエローイーグル」の名に誇りと思っており、「僕の作った物が人の手に渡り、その人が歩む人生を僕も一緒に旅をするんだ。素晴らしい事だ」といっていたのです。

手を動かし物を作るのが好きだった。最初はレザーだった。ウエスタンベルトやガンベルトを創った。ある時、そのバックをどこで買ったのか?聞く男がいた。アリゾナでのことだ。その人物とは友人になり、現地のネイティブたちがする銀細工のやり方を教わった。本物のインディアンジュエリーの優れたものを手に取り肌で知った。

ゴローズの最骨頂といっても過言ではないイーグル。

ゴローズといえば、このイーグルペンダントと言われるように、フェザーとともにゴローズのデザインのベースとなっています。アメリカの国鳥イーグル(白頭鷲)をデザイナーの感性で体をシルバーに、ヘッドをゴールドにしたペンダントは、他のインディアンジュエリーブランドに大きな影響を与えたようです。

裏にはしっかりとゴローズならではの刻印が打ち込まれています

ゴローズ【Feather フェザー】

ゴローズのフェザーは先金、上金、金縄、銀爪等、種類によって呼び方が変わります。

・上金(うえきん)フェザー / 金ハート付きフェザー
・上銀(うえぎん)フェザー / 銀ハート付きフェザー
・K18メタル付きフェザー
・金縄(きんなわ)ターコイズ金ハート付きフェザー
・金縄(きんなわ)ターコイズ銀ハート付きフェザー
・銀縄(ぎんなわ)ターコイズ銀ハート付きフェザー

・銀爪(ぎんつめ)K18メタル付きフェザー
・シルバープレーンフェザー
・先金(さききん)フェザー

だいたい上6種が入れ替わりに並ぶことが多いです。

ゴローズ 【Ring リング】

ゴローズの中でも伝説のリングと称される:24Kとプラチナ、なおかつ高度な技術によって作られた超スペシャルリングです。

購入するどころか現物を見ることすらできないでしょう..

【Feather Ring】

先金特大フェザーリング

goro’s店内の希少な動画です

関連するキーワード

OyaG編集部

OyaG編集部です。