ラッパー(rapper)とはラップをする者 ・MCとはmaster of ceremoniesやmicrophone controllerなどの略称。 ということだろうが絶対にコレということは無い。

この歌唱法で作られた音楽のジャンルを指してラップと呼ばれることもある。ただし、ラップとは上記のような歌唱法を指す言葉なので、ジャンルを指しては、ラップ・ミュージックやヒップホップ・ミュージックなどと呼んだほうが正しい。

今日、HIPHOPというモノの存在が一般的に認知されつつある。

ラップ関連用語

リリック(lyric)
- いわゆる歌詞。普通は抒情詩の意味で使われる言葉だが、叙事的な内容の場合もリリックという。


- 語尾の母音を合わせることや、子音も含めて似た響きの言葉の繰り返し。単語単位に限らず、文全体として似た響きを繰り返したりもする。動詞の場合は「韻を踏む」と表現する。

ライム(rhyme) - 韻を踏む行為。

フロウ(flow)
- ラップの節回し、節の上げ下げなどのラップを使った表現の個性、オリジナリティなどを言う。その為「彼のラップにはフロウがある」と言った評し方もある。日本においてはもう少し狭い意味の使い方が多い為、「フロウ」という単語を使いつつ重複した別の言葉が出てくる事もある。

フリースタイル(free style)
- 無構成の音に自由な型のラップをハメる事。また、最近では、ある程度即興でリリックを考え、ラップする事もフリースタイルと呼ばれる様になってきている。フリースタイルバトルでは、お互いがリリックの内容で攻撃し合う。実際の大会では、有能な対戦相手の弱点を研究し、対策リリックをある程度作ってから臨むこともある。一方で特に即興性の高いものはトップ・オヴ・ザ・ヘッドと呼ばれる。 フリースタイルのイベント・大会等も開催されている。海外アーティストではJINなどがフリースタイル大会の出身者である。

ビーフ(beef)
- アーティスト間の論争、(非物理的な)喧嘩の事。1984年に放送されたアメリカのウェンディーズのCMで架空のチェーン店がハンバーガーと称する、クッションのように大きいパンに挟まった小さな肉におばさんが憤慨して「Where's the beef?(肉はどこにいったの?)」といったのが語源。CMはウェンディーズが競争相手のマクドナルドやバーガーキングより中身の牛肉のパティが多いことを印象づけるためのものであった。流行語となり、この年の大統領選挙の民主党候補を決定する予備選挙で政策の中身の優劣を議論する際にスローガンとして使われた。

ワック(wack)
- スラングで不出来な、あるいは偽物の意。「ワックMC」等、他のアーティストをディスる(批判する)時に使用する。

マイクリレー(mic relay)
- 複数のMCが決められた小節を担当し、楽曲をつないでいくこと。

そもそも MC BATTLE とは?

ラッパーが、ラッパーに対して即興でディス(軽蔑や批判するといった意味)をかまし合うことで、 俺のほうがスゲーだろ? と自己顕示すると共に、会場に足を運ぶようなコアなファン層からプロップスを得る(ラッパーとして知名度を上げる・支持を得る)ことを目的にした戦いが“MCバトル”です。こういったバトルをパッケージして、日々様々な大会が開催されています。

2015 ~ 2016 主なラップバトルの大会一覧

戦極MC BATTLE(戦極MCバトル 主催:MC正社員)
THE 罵倒(主催:CASTLE RECORDS)
ENTER MC BATTLE(主催:韻踏合組合主催)
ULTIMATE MC BATTLE(主催:ライブラレコード)
鎖UMB(KING OF KINGS -FINAL UMB- 主催:9SARI GROUP)
B-BOY PARK MC BATTLE
ADRENALINE MC BATTLE
SCHOOL OF RAP U20 MC BATTLE

そして最近では BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権 っというラップの甲子園みたいなものも開催され盛り上がっている

日本全国の高校生達がフリースタイルラップでMCバトルをし、優勝を競う

また現在では 社会人ラップ選手権 なども盛り上がって来ており誰もが頑張れば有名になれる状況と言っても過言ではない状態になってきていたりします。

概要:
「いつも大変お世話になっております。」 大してお世話になってもない相手にも、なんでスラスラと言えてしまうのか。 現代社会日本に蔓延る、くだらない建前。 もっと言いたいことがあるのではないか?

「もっと売れる物作れよ」
「は?営業がもっとちゃんと物売れよ」

「下請けなんだから空気読めよ」
「いつもいつもケチくせー仕事しか渡さねーくせに偉そうにすんなよ」
心と心。 魂と魂のぶつかり合い。 業界や業種、役職を跨いだ、社会、仕事、のぶつかり合い。 言えばいいじゃない。マイクを握って。 言いたいことも言えないそんな世の中はいい年こいた僕らでぶち壊そう。

ラップの練習方法 (修行)

「freestyle beat」とyou tubeで検索して好きな音を選び 自分がカッコイイと思った歌い手のひたすら真似します。慣れてきたら語尾と語尾を同じ子音にして韻を踏むのだけを意識しよう」普通に最初は全く踏めません、本当に全くです。移動時間、とりあえず空いた時間とかに韻を踏むという練習をしていくうちに一週間もしないうちに慣れてきます。ここ嘘のような本当の話です。鼻歌を口ずさむように自分の思っていることを音に逢はせて吐き出しまくって下さい。出来ればメモ帳やパソコンに書き込んで練習するとより明確になってきます。

この映画を見ずしてラップバトルを語れない。っと云ってもいい ラップバトルのバイブル的な映画「8 Mile」この映画で優れた才能や天性的な外部の恩恵に頼らずとも頑張れば誰しもが歌を使って勝ち上がれる!といった事をエミネムは教えてくれました。

ポップ歌手や才能が元々ある人でなければ 有名になることは出来ない。っと思ってしまいがちですが、ラップバトルの場合は「歌唱力」や「ビジュアル」などは関係ありません。いかに上手いことを言うか?っと云う事だけなのです。オヤジギャグの延長線上で音楽にのせて歌うのも有りなわけです。ラップにルールなどはないので、全てがその人が放つスタイルっということになります。老若男女問わず練習さえすれば誰でもが有名なラップバトルチャンピオンにだって勝てる可能性は大いにあります。この8 mile 本編でも黒人が十八番とするラップを白人であるエミネムが完膚なきまでに追いやり勝ち上がるっという内容になっております。この様にラップとは練習さえすれば誰でもが明日のスターになれる可能性が秘められているのです。

関連するまとめ

「神田達磨 池袋店」”羽根つきたい焼き(粒あん)、かりんとう饅頭(粒あん、金時芋あん…

羽根つきたい焼きは、パリパリともっちりの2つの食感を味わえ、かりんとう饅頭は、サクサク生地が味わえる2016…

フードアナリスト畑じょーじ / 262 view

OyaGは歯が命!⑧ラップのお話。

今回はラップのお話。 先日の社会人ラップ選手権のエキジビションマッチの裏話。

Dr.COYASS / 593 view

関連するキーワード